主な仕事内容

医師

高齢者医療に理解のある内科医・リハビリ医。内科慢性疾患や整形外科術後の入院治療、主に脳卒中後遺症や大腿骨頸部骨折術後の方の医学的管理・リハビリが中心となりますが、急性期病棟に関しては、近隣住民の方や介護保険施設に入所されている方の内科系急性疾患の診断や治療にも携わっています。

看護師

患者様が安全・安心・安楽に入院生活が送れること、そして機能回復やADL向上を意識した日常生活への介入を行っています。また患者様の身体面の介助だけでなく、入院中及び退院後の生活や介護も見据えて家族とのコミュニケーションも大事にしております。

薬剤師

チーム医療の一員として、処方支援や処方提案を行っています。医薬品の適正使用を推進し、副作用の早期発見や感染症の予防に努めています。利用者の血圧管理、血糖管理、脂質管理、禁煙など生活習慣の改善も含めて、脳卒中再発予防の服薬支援を行います。

介護士

日常的なケアと他の専門職と協働して行う専門的なケアを行います。利用者は日常生活に何らかの問題をかかえた高齢者。移動・食事・清潔などに関する日常的なケアを提供する主役です。「介護職員」には、国家資格である介護福祉士と、ヘルパー資格保持者などがいます。

理学療法士

利用者の心身機能の評価を行い、問題点を見つけ出し、問題点に対してリハビリプログラムを立案し、患者さんの状態に合わせて、関節可動訓練、筋力訓練、基本動作訓練、歩行訓練、実際の生活を見据えた日常生活動作訓練を行っていきます

作業療法士

作業療法士の行う作業療法は、理学療法でのリハビリ治療によって基本動作が回復した患者さんに対して行われるもので、さらに踏み込んだ応用動作と社会への適応を実現するための能力回復を大きな目的としています。

言語聴覚士

言語聴覚士は食べ物がうまく飲み込めない、むせる、といった障害に対して、口腔機能を改善するためのリハビリテーションを行います。食べる事の機能の改善を図り、利用者がよりよい生活を送ることができるよう、医師の指導のもとにリハビリテーションを行います。

支援相談員

自宅や病院からの入所・短期入所・通所利用の方に対して、相談業務を基本的に行っております。入所費用、介護保険制度の説明、実際の入所への流れ、生活について説明をします。また地域のケアマネージャーの方々との交流や相談にも対応しています。

スタッフの声

介護老人保健施設 トリトン 理学療法士/入社7年目

介護老人保健施設 トリトン理学療法士/勤続7年目

理学療法士の仕事は生活に必要な寝起き・トイレ・歩行など基本的動作ができるようにリハビリを行う仕事です。性格も能力も生活環境もみんな違うので、一人ひとりと向き合い個性を理解することからはじまります。そして課題を設定し、必要な動作ができるようにリハビリを考えます。在宅復帰を目指し、リハビリプログラムを立てて、改善と実行をしながら利用者の回復を目指す仕事です。
例えば車椅子で入所された方が歩いて帰れるようにするために、自宅を訪問し生活環境を確認します。そしてご家族とのヒアリングを通して、普段の生活に必要なリハビリを行っていきます。そして在宅復帰後も安全な暮らしを送れるようにバックアップしていきます。
引っ込み思案な方をどうしたらやる気にさせられるのか。多人数で楽しく取り組むのが良いのか。個別で密に取り組むのが良いかなど。一人ひとりの性格まで考えて関わっていけることがこの仕事の醍醐味です。
私は6年前から杏園会で働き、産休を1年間経て現場に復帰してきました。トリトンは子育てをしながら働ける環境が整っている職場です。有休消化率も高く、仕事も定時で終わります。また子どもの体調不良などで急なお迎えが必要な時も、仲間たちがカバーしてくれるので気を使わずに働けます。数が多くの職員に支えられ、楽しく仕事ができていますが、私の目標は部門間の連携を強め、より質の高いリハビリを提供できるようになることです。利用者とご家族とコミュニケーションをとって、一人ひとりの生活や背景を理解して適切なリハビリを提案できるようスキルアップを目指していきます。

介護老人保健施設 かなやま 作業療法士/入社2年目

介護老人保健施設 かなやま 作業療法士/勤続2年目

作業療法士の仕事は生活する上で必要なトイレや食事などの動作、主に上半身を使うリハビリを行っています。理学療法士と連携を取って訓練内容を考え、20分間のリハビリでも結果を出せるように、毎日調整しながら、部分ごとにリハビリに取り組んでいます。身体レベルや認知レベルを一人ひとり評価して、理解力や自己管理力、住まいの環境や状況に合わせたリハビリを考えます。例えば段差がある家なら段差昇降訓練を行ったり、手すりを使って歩くのか、歩行器や杖使って歩くのか。など一人ずつ見定めていきます。
おじいちゃん・おばあちゃんが好きで、福祉関係の仕事をしたいと高校生の頃から思っていました。祖母が利用していた施設でこの仕事を知り、リハビリを受けていた祖母も自宅に帰ってこられる二まで回復した姿をみて、私もリハビリでお年寄りを助けられるような仕事をしたいと思うようになりました。
かなやまで働き始めて2年目、任せられることも増えて、時間内で効率的に仕事をすることが求められています。計画的に時間を使い、リハビリと書類業務を進めていくことが今の課題です。また計画したリハビリプログラムで、本当に最善の結果に導くことができたのか。利用者様に適したリハビリだったのかを日々考えて仕事をするようにしています。今の仕事は天職と思っているので、お年寄りと関われていることの幸せを感じ、自分のリハビリで体がよくなり、笑顔で帰っていただける利用者様がひとりでも多く増えることを目指して取り組んでいきたいと思います。

PAGE TOP
採用情報はこちら