当院の「チーム医療」は、各専門家がそれぞれのリハビリテーション計画に沿って行うものではなく、多職種間のカンファレンス、リハビリシステムによる情報の共有などによって実現される医療です。患者さんと関わる全てのスタッフが、きめ細かい情報をもとに全員でリハビリテーション計画をたて、定期的に見直し、早期の機能回復、能力向上を目指しています。

医療法人杏園会 看護部長
近藤 繁子

自己成長に意欲のあるナースを いつも応援しています

当院は1946年の開設以来、「患者中心の質の高い医療サービスを提供する」というミッションの実現に向けて、チームアプローチを実践し早期の社会復帰をめざしてまいりました。看護部は「退院後の生活を見据え、生活の質(Quality of life)の向上をめざした看護サービスを目標とし、仕事をとおしてナース一人ひとりが自己成長することを応援します。

専門職として学ぶ環境と働く環境の融合をめざします

当院はキャリア開発を重視しながら働く環境づくりをめざします。新人看護師や既卒看護師に対してはプリセプターナースを中心に全職員で支援しています。また学ぶ意欲と職員の希望にあわせた教育プログラムをおこなうよう努め、キャリア開発をサポートしています。

「疾患」だけではなく「退院後の生活する人」を見る
それが回復期リハビリテーションの看護

看護部理念

患者さん一人ひとりの人間性を尊重し、
その人らしい生活を幸せに送れるよう、
心のこもったサービスを提供します。

基本方針

  1. 患者中心の看護・介護を目指します。
  2. 安全で安心な看護・介護を実践します。
  3. チーム医療に看護・介護の専門性を発揮します。
  4. 看護・介護の専門職として自己研鑽をします。
  5. 地域の保険、医療、福祉機関と連携をとり、患者の在宅・地域復帰を支援します。
  6. 病院の健全経営に積極的に参加します。
リハビリ看護


回復期リハビリテーション病院の看護の仕事には、急性期病院とも慢性期病院とも違った特徴があります。日常生活復帰をめざして毎日、懸命にリハビリテーションに努める患者さまと時間をともにする。人生の先輩方の、多様で素晴らしい生き方にふれる。そして、疾患だけではなく退院後の生活を含めた人間そのものを見つめ「人間とは」を考え「看護の本質」を学ぶことができます。回復期における高齢者は疾患や障害を有しながら生活し、自分の課題の達成に向け、これまで築き上げてきた生活史をもとに、積極的で主体的に発達し成長しつづける存在であることを目の当たりにします。チームアプローチでは、看護師は唯一24時間患者さまをケアします。この中で看護師でなければできない2つの役割があります。1つは健康管理です。急性期で治療をおえて当院でのリハビリを開始するため既往疾患の管理が必要となります。2つ目はリハビリで獲得したADL能力を日常生活の中に取り入れることです患者さまを大切に思う気持ち、これまでの経験と知識があれば必ず患者さまに通じるものです。そんなあなたを、私たちは喜んでお迎えいたします。

看護提供方式と勤務体制
看護提供方式 勤務体制(変則2交代)
受け持ち制 日勤 / 8:30~17:30
一部機能別 夜勤 / 16:30~9:30
教育支援システムとプログラム

安心して教育が受けられるシステム。既卒の方、新人の方は途中入職であってもプリセプターがつきサポートします。

①ジェネラリストのサポート

現任教育(院外も含む)勤務時間内の実施
当院はJNAのキャリアラダー支援システムに沿って4つの力を基盤に看護実践能力を着実に身につけ、5段階のレベルで個々の看護師の成長を支援していきます。そしてレベル5終了者は次のスペシャリストへ進むことができます。

②スペシャリストのサポート

教育期間内の身分保障と教育費の支援を実施
【日本看護協会認定看護師 専門看護師資格取得】
認知症看護、皮膚・排泄ケア、摂食・嚥下障害看護、脳卒中リハビリ看護
【回復期リハビリテーション病棟協会認定資格取得】
復期リハビリテーション看護師 認定コース

スタッフメッセージ

■入社9年目
杏園会で働いて人間関係の良さを実感しています。子どもの送迎に合わせて、9時から16時の時短勤務にも応じていただいています。子どもの病気などで、急な休みになってしまっても周りのみんなが気兼ねなくサポートしていただけます。
また上司や医師との壁も小さく、気軽にコミュニケーションがとれるので、何でも相談でき、指示も受けやすいです。そんな環境のおかげで、患者様のリハ状況だけでなく、性格や家族環境などの細かなところまで理解でき、自分の意見や考えも伝えやすい職場です。

■入社2年目
前職は急性期病院で働いており、自分の任された現場や役割しっかりやることが求められらていました。ここでは他職種とのチームワークで患者様をサポートしています。前職では医師がみていたことも、自分たちが確認して理解しなければいけません。病態生理や薬剤も勉強して、患者様が退院するまでサポートします。学ぶことは数多くありますが、時間に余裕ができたので勉強する時間も増えました。
また杏園会では全職種でマナー研修を行っています。患者様への言葉遣いや所作などを学び、利用者を大切にする姿勢を教えていただいています。

■入社4年目
杏園会は子育てしながら働きやすい職場です。子供が急に熱を出してもみんなが理解を示してサポートしてくれます。私と同じように子育てしながら働くスタッフも多いので、気遣いなく相談もできます。またリハビリを通して元気に退院する姿を見て嬉しい気持ちで仕事ができるのも魅力です。杏園会は人材育成にも手厚いので、子育てが落ち着いたら認知症ケアなどリハビリ看護の資格取得を目指したいと思います。

■入社8年目
杏園会では高い頻度で勉強会を行っています。薬剤師や医師などそれぞれの専門職の方が講師となり、様々な情報を教えていただきます。また職場でも他職種の方と連携を図り、患者様が元気になって退院できることを目指し、情報を共有しながら一緒に考えてサポートしています。皆で関わっていくことで、患者様ができなかったことができるようになり、元気になっていく様子を見られるのが回復期リハビリテーショの看護の魅力です。

■入社1年目
以前は急性期病院で勤めていました。これまでは病気の治療が主な役割でしたが、杏園会ではリハビリで元気になって退院していただくことが役割です。退院に向けて多くの他職種の方と関わるのも前職と異なります。様々な職種の方と話をすることで、考え方の違いや気づきを得られ、患者様の入院生活に目を配り、楽しく会話ができるようになりました。仕事も定時で終われるので、看護研究ができる時間ができました。キャリアのある先輩たちも多く、様々なことを教えてくれるので自分のステップアップに最適な職場だと思います。

PAGE TOP